パンくずリスト
  • ホーム
  • リスニング
  • マスコミには絶対に理解できないリスニングのこと

マスコミには絶対に理解できないリスニングのこと

リスニング
Pocket

とりあえずリスニングで解決だ!

今日は英検のテキストのお話しです。

ここでは過去問以外のテキストについてお話ししますね。
私が実際指導に使ってみたテキストは
こちら

【CD付】英検5級総合対策教本 改訂版 (旺文社英検書)1,188円Amazon
こちらはバランス良く、文法、リスニングの内容が掲載されています。
ただ、ボリュームがあるので、これを1冊やりきるのは大変だと思います。
単語に関しては巻末にまとめてありますが、ちょっと物足りない感じです。

もう一冊は
こちら

CDつき 英検5級をひとつひとつわかりやすく。1,080円Amazon
こちらのテキストの良いところは、単語のコーナーです。

単語の意味と一緒に、その単語のイラストが書いてあります。

子供にとって単語を覚えるのは楽しくないですよね。イラストが添えてあるだけで、ちょっと楽しい気持ちになります
単語の意味も視覚からとらえられて、印象深く覚えられます。
文法の説明などは旺文社のテキストの方がきっちりとまとめられていて、しっかりと勉強したい場合は、前出の総合対策教本の方がよいかもしれません。
英検5級のテキストをひと通り終えた後に、どのテキストにも付いている、本番と同じ形式の練習問題をやると思うのですが、これを1回やって

○点
ハイ、終わり

ということは決してしないで下さい。
できれば2周程音読する方が効果的です。
5級は出題パターンが決まっています。同じような問題が出題される事が多いです。

なので、リスニングパートもできなかった問題を中心に聞き直せば大丈夫です。

おうち英語をやっている子供さんは3級くらいのリスニング力はあるかもしれませんが、リーディングはいきなり3級を小学校低学年で受験するのは厳しいかもしれません。

5級からのんびりチャレンジしてみるのもいいですよ
ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 
にほんブログ村

豊富な品揃えの中からリスニングのお買い得をあなたの元に

ご訪問をありがとうございます。
『えいごラボ』のKimmyです。
今週からレプトンの体験レッスンが始まっています。
81冊のテキストがあるので、私も子どもが寝た後、毎日3時間ほど勉強しています。
体験予約をいただいた生徒を、どのレベルへご案内したら最適に学習できるのか、
とても大事なことなのでよく調べています。
先週末はMP3のCDを再生するためのCDプレーヤーを買ってきました。
価格的にはレプトンの専用プレーヤーの方が若干安いのすが、教室以外での使用、大人の方のレッスンも想定して、まずこちらの機種にしました。
これはソニーのZS-E80という機種ですが、今から新しいCDプレーヤーを購入予定の方はお勧めです。

えいごラボにはリスニングの宿題がありますが、55番とか、トラックを飛ばすのが大変ですよね
以前使っていた我が家の他社のCDプレーヤーは5年を待たずに壊れてしまいました。ボタンの反応も悪く、リモコンもついていないので、後ろの番号の送るのが大変でした。

この機種は、まず、そこが楽です。(ボタンの性能が抜群に良い) また、リモコンも付属なので、簡単に番号を選べます。

そして、このプレーヤーのもっともすごいのが、11段階の「高速再生」や「ゆっくり再生」だけでなく、「リピート再生」ができます!
つまり、「試験前は高速再生」で耳を慣らし、「シャドーイングはゆっくり再生」、「ディクテーションにはリピート再生」と語学学習者には嬉しい機能が満載です。
実は『えいごラボプラス』でも、この機種を使っているのですが、古い型なので、MP3が再生できません。
ただ、6年以上使用して、毎回キャリアケースでガタガタ移動にもかかわらず、いまだに故障なしで使えますので、私は”ソニーブランド”を信頼しています

また、古いバージョンは速度を変えると「音の高さ」までわかってしまいましたが、しかし、この最新機種は「音」が一定!

素晴らしいです。これで、お値段1万円

ま、安くはないのですが、壊れにくいことと、機能性を重視して、これに決めました。

もっと良いものがあるかも知れない、とまずは最低必要量を購入しましたが、家庭学習用にこれから購入されるなら間違いない機種だと思います。

ところで、

レプトンのCMはご覧になりましたか?
本当に一瞬でしたが、トントン レプトンって歌っていましたね。

ベビーやタドラーのクラスでは、お母さまとお話しする機会がありますので、お伝えしていますが、内容は「書くこと」が最強になるプログラムだと思います。
とにかくライティングのレベルが高い・・・。
中学生でもあのディクテーションはできないのではないでしょうか?

ですから、在校生の方で英検Jr.の級をお持ちの方でも、レベルチェック表でそのままのクラスを受講開始するとかなり難しいと感じる可能性があります。
例えば、シルバー級が受かっていて、十分な語彙があっても、レプトンでは知っている語彙は、正しいスペルで書けないといけないのです。

そういう意味で将来に備えての準備はしっかりできると思います。

ただ、やはり言語の習得において、条件学習能力の高い10才ぐらいまではレギュラーレッスン(もしくは、『えいごラボプラス』)との併用をお勧めします。

また、保護者の方からの、レプトンの体験申込みしたけれど、お子さまが「今のグループレッスンをやめたくない!」と言ったので、体験をキャンセルしたい、というご連絡がありました。
どうぞ、遠慮なくキャンセルしてください。
えいごラボのグループレッスンは楽しいですからね。レギュラーレッスンの受講生にとっては、グループレッスンをやめてのレプトン受講は難しいと思います。
一方、レプトンは「自立学習」を目的としています。先生はもちろんそばにいますが、自分がどれだけ頑張れるかということが大事です。

そのかわり、やる気のある子には夢のような時間です。

進みたいだけ進めて、先生に質問できて、自宅でも eラーニングを使って学べます。(eラーニングはテキストと重複していないので、学習できる単語は増えます)

在校生はいつでも体験は可能ですので、準備が整ったとき、お申込みください。(体験はお1人1回までで本部に報告が必要ですので、すぐにお始め予定でない場合は、授業参観の説明の後の方がよろしいかと思います)

なお、体験レッスンではレプトンの特徴を長所も短所も含めてお話します。お子さまにも今までのレッスンとは違うところを伝えます。

それでも、

「やってみたい」と言ったら、是非始めさせあげてください。

やる気があるときが一番伸びる時です。
後は、在校生の方は体験の前に鉛筆がしっかり動かせるか、大文字が書けるか、小文字はどうか、など基本的なライティングのスキルをはかる必要があります。

私は体験希望をいただいた方は特に注意して今月のワークを見ていますが、字がしっかり書けないと、テキストのスタートレベルもさがります。(ただし、DOGからスタートすれば、幼児でも受講可能です)
「家ではなかなかできないから、レプトンのクラスを通して、ライティングもしっかり指導してほしい」ということでしたら、もちろん結構ですが、ある程度のレベルから受講をスタートさせたいということでしたら、まずは大文字が4本にかけるかどうか(初心者は書けなくて結構です)、確認していただくと良いと思います。

先日、英検の一次試験がありましたが、今年度は準2級、3級にもライティングが加わり、いずれ4級、5級と全ての級に書く力が要求されるようになります。
これは、2020年の入試改革に関連した動きです。4技能を評価するため、外部テストを導入する、とありますが、英語の分野において「英検」がまさに「入試」にかわることもあり得るのです。
今回、えいごラボから受験した小学生は見事に全員「英検級」を手にしましたが、ライティングが加わってくると、そう簡単にはいきません。
「聞けて、読めればOK」であった英検が、「書けなければダメ」になったのです。(話すことに関しては2次試験になります。)

ですから、お子さまが1.英語が好きで 2.やる気があって 3.時間的に余裕のあるうちに たくさんの英語をインプットして、一生役立つスキルを身につけさせてあげてください。

また、レプトンの費用ですが、『えいごラボ』では最低受講料(週2回8,400円)でご提供しております。
一般の英会話教室で月謝が8,000円~10,000円(週1回)、英語教室のホームスクールタイプでだいたい5,000円~6,000円(週1回)、
くもんは週2回ですが、一回の時間が約30分ですので、1時間あたりのレッスン単価を比較すると、レプトン(週2回以上のコースが、最も安く受講できる英語教室になるのではないでしょうか?しかも、BIRD以上の受講生には、無量でeラーニングもついてきます。

レプトンを受講することによって、

自立学習が習慣化された、
自分で目標設定できること英語学習に対するモチベーションが上がった、
ディクテーションが大好きになり、いろいろな英語を聞いて書きとる癖がついた(→これは私がやっていたことです)、
たくさんのスペルを覚えたので、学校での英語の勉強時間は他の科目にまわせた、
英検級の取得で推薦入学(あるいは入学審査)で有利になった、
英語学習の時間が増えて英語力が飛躍的にあがった、
eラーニングでパソコンの基礎知識やマウスの使い方も習得できた、

という結果になれば、大変有意義な選択となると思います。
レプトンの開始レベルですが、今の”ライティングのレベル”でスタートしますので、もし少しでも上のクラスから始めたいとお考えの方は、大文字、小文字が完全に書けるような練習が必要です。(受講が決定した後でも構いません)
特に今、Kクラスのお子さまはまず、字が枠の中にかけるか、日本語でも英語でも字が”しっかり文字が書けるか”を見てあげてください。
鉛筆の練習が足りない場合は、塗り絵ではなく、「てんつなぎ」「めいろ」など、ある程度決まった枠の中に書く練習が必要です。(文字の練習でも良いのですが、まだ運筆が不安定なお子さまが楽しく練習をして、文字を書く練習につなげると良いと思います。

もちろん、初心者の幼児には文字を書く前の形の認識から始まるテキストもございますのでご安心ください。(アルファベットの練習はあります)

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

今週は特に冷えますよね。
どうぞ、暖かくして楽しい週末をお過ごしください。
Have a great weekend.
Kimmy

関連記事
  • リスニングのススメ

    アホでマヌケなリスニング超高額英語教材のDVDサンプルを娘に試してみました娘が産まれた直後に無料サンプルはいただいていたのですが、どうせ契約しないし、な〜んか面 ...

    2018/10/18

    リスニング

  • リスニング大量在庫ショップ

    大阪に「リスニング喫茶」が登場エディンバラ公演を終えて、やっぱりわたし、語学好きだ。と思ったの。英語ができることで、今回、たくさんいる役者さんの中から選んでもら ...

    2018/10/16

    リスニング