リスニング総合ポータルサイト

リスニング
Pocket

リスニング物語

 毎日がさして変わりないくらしだ。6時頃に目覚めてシャワーを浴び朝食を作る。サラダ、トマト、ゆで卵、パン、野菜を適当にアレンジしてローテーションしている。食後、メールチェックをして仕事を始める。英語のリスニングをしたり日本から持参した翻訳作業をしたりするとすぐにお昼だ。昼食を作る。焼きそば、パスタ、ラーメン、素麺を適当にローテーションしている。食後、1時間ほど休んで仕事を再開する。英語の専門書を読んだり英語のリスニングをしたりすると3時頃になる。少し休んで散歩に行ったり買いものに出かけたりする。帰って仕事を再開する。そのうち夕方になるので散歩に出る。戻って休んでいると夕食時だ。夕食はオーナーが作ってくれる。夕食後はワインを飲みながら適当に過ごして眠くなったらベッドに入る。これがわたしの毎日だ。日本で教員をしていた頃には考えられない生活だ。変哲のないくらしだがけっこう楽しんでいる。いつ大学に行くんだって? 用があるときは午前中から出かけるけれど用がなければ行かない。行くだけで往復の電車賃がかかるし用がないのに行く意味がない。でも、9月からは学期が始まり教授の授業があるので週に2回は大学に行くことになる。  最近、あることでこころが折れそうになった。自分の思いが相手に届かないときは辛いものだ。ましてや英語だから・・・。分かってもらえない辛さ。この地に来て何の変哲もないくらしをしているのには、それなりにわけがある。こんなくらしを生きる・体験することから生まれてくるものを掬い取ろうとしているのだ。「体験の語りを巡って」だ。そこからしか掬い取れないものがあると信じている。そして4ヶ月あまり、信じてきて間違いはなかった。でも、きっと、どこかに緊張感があったのだろう。それなりに気を配ってくらしていたのだろう。ごくごく些細なことでこころがいとも簡単に折れそうになった。自由にくらしていたはずだ。なのに、どうして・・・。そうなってみなければわからないことだった。辛い・・・!  でも、少し前から何かがおかしい感じがしていた。心理療法の場に身を委ねているときにはこの感性をたいせつにしていた。コンステレーションの動く気配をたいせつにたいせつにしていた。その気配を少し前から感じていたのだ。だから慎重になっていたのに・・・。日本でくらしているときとは違う。さらにいっそうの慎重さが必要だった。そうなってしまったものはしょうがない。わたしはそのようにできているのだから。  お昼を食べながら、こころが感じるものを掬い取ろうとした。体験から生まれるものを・・・。そして、自分が何者かが少し感じられてきた。"What is I ?" のanswerだ。"What am I ?"じゃないのかって。そうじゃない。でも、そのanswerは、たまらなく寂しいものだった。でもそれがわたしだ。「恩師の夢を見た」で恩師の言う「母性原理の第三の特徴」が少しやってきた。ああ、そういうことかも知れないというふうに。まだことばにはならないけれど、このこころの感触を忘れないようにしよう。まだしばらく「とき」が必要だ。ことばになるときは、そういうわたしを生きて在ることが愛おしいと感じられるとき。そのときまで・・・。そのときは来るのかって? これまでは来ていた。でも今度もかならず来るなんてことは、誰にも分からない。そういうふうに「生きる」はできているのだから。  語り手の語りを聴くときを想い返してみる。ゆっくりと少しずつ・・・。語り手のジクジクした痛みがこころに響いてくる。こんな感じだったのか・・・。自分を信じて生きることはかっこいいかも知れない。ただ、それはたまらないむずかしい。自分という「何か」を探して、ひとは生きて、在る。いつもいつも、語り手には教えられる。  あと少し、きょうという日を生き抜いてあすに想いを馳せよう。眠りのなかで、夢は「何か」を演じるのだろうか。  

愛しいリスニングニュース

さんなんが、ブログじゃんけんにすら応じてくれません。 「今週は私の番です。私も彼らには負けぬように頑張ります(`・ω・´)ゞかかってこーい!」って言うてるのに。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン 詳しくは↓↓ 半端ない夏期講習の還元祭 このブログの中に、「武士道には、私(さんなん)が監督者としていますので理系科目ならば質問もOKです。」とありますが、これはデーブ・ス○クターもひっくり返るほどのアメリカンジョークです。 正しくは、こちらです。 「武士道には、私(さんなん)が監督者としていますのですべての教科質問もOKです。」 その根拠がこちら↓↓ 「塾での質問は塾長に聞くとカナリ良い!」を読んで① 油断も隙もありませんねo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!  こんばんは。 一宮市の学習塾 スクール玉野 TKです。 世間ではまだ夏休みのようですが、スク玉は今週から新学期となりました。そこで、中3に向けて2学期での英語の勉強のポイントを紹介したいと思います。来週からの新学期に向けて参考になればと思います。スク玉中3生は、色々なところで話しているので復習内容です。※愛知県公立入試を目指していて、かつ「New Horizon」(東京書籍)という教科書を使用していることを前提としています。 2学期の英語のポイント①教科書内容②リスニング ① 教科書内容------------------------------------------ 受験生と言えども、まだ習っていない内容があります。教科書でいうと、Unit4~6。文法事項でいうと、「不定詞」「分詞」「間接疑問」「関係代名詞」です。 愛知県の公立入試では、「内申点」も重要になってくるので、学校のテストで点数をとる必要があるのは、言うまでもありません。つまり、2学期の英語の勉強の中心になるのは、教科書に出てくる内容=定期テスト対策になります。 夏期講習より前に学習した内容であれば、復習する時間を確保できましたが、2学期以降習う内容は、じっくりと復習する時間を確保するのが難しくなります。そこで、習った内容をすぐに入試レベルまで引き上げなければいけないことを、頭に入れておいてください。 2学期に習う文法の中で、時間をかけた方がい良いのが「分詞」です。教科書では、Unit5-1で扱われる内容です。中学生で習う「分詞」は、「形容詞的用法」です。ここで、名詞の後置修飾の感覚をつかむことができれば、次に習う「関係代名詞」が理解しやすくなります。また、「分詞」では、文法の核となる「語順」と「語形変化」がダブルで必要となってくるため、英語の学習としても最適です。 「分詞」の知識を定着させるためには、反復練習が欠かせません。学校のワークレベルを繰り替えし解いてください。特に、2回目以降は、すべての問題を「英作」することがポイントです。  ② リスニング------------------------------------------ 愛知県公立入試の英語では、リスニングが5点出題されます。この5点は非常に大きい。できるなら満点。少なくとも1ミスで押さえたい。 そうすると、リスニングの練習はそろそろはじめておきたいところ。特にリスニングに苦手意識をもっているならなおさらです。リスニングは直前で詰め込んで何とかなるものではありません。早めに対策を始めるにこしたことはありません。『ドラゴン桜2』(三田紀房、講談社)でも、リスニング対策が始まりましたね。 リスニングには、ざっくり分けて2通りの勉強の仕方があります。耳を鍛えるための「ディクテーション」と、実戦形式に慣れるための「問題演習」です。 読まれる英語が早くて聞き取れない場合は、「ディクテーション」がおすすめです。英文を聞いて書き取る練習です。注意する点としては、スクリプト=放送原稿があるものを使用すること。最初は教科書のCDをつかって、教科書の本文をディクテーションするのがいいと思います。 読まれる英語は分けるけど点数が取れない・・・という場合は実戦練習不足です。愛知県のリスニングは選択肢も放送されるパターンです。本文と問題が2回ずつ流れるので、どのタイミングで何を聞くべきかの練習をしてください。過去問を使うのがベストです。また、問題を解いたら終わりではなく、スクリプトを読み、英文の内容を理解した後に、なぞり読み(指でスクリプトをなぞりながら読む)→オーバーラッピング(一緒に読む)→シャドーウィングと続けてください。 ------------------------------------------ 愛知県公立入試の英語は、おおよその問題が長文形式で出題されます。そのために、長文対策も欠かすことができません。もちろん、長文対策も早めに始めた方が良いのですが、まずは教科書の内容が優先。スク玉では、冬期講習前の12月に、一通り中学校で習う文法を終わらせます。そして、冬期講習では1回目の過去問演習をします。自分で勉強している人は、これを1つのペースの目安としてみてはどうでしょうか。   =============================↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉関連ブログの更新のみ↓↓↓「友だち登録」でスク玉ブログ更新情報をお届けします! 
↑↑スク玉HP↑↑ さんなんのごはんブログ
大野原ブログ =============================       

関連記事
  • リスニングのススメ

    アホでマヌケなリスニング超高額英語教材のDVDサンプルを娘に試してみました娘が産まれた直後に無料サンプルはいただいていたのですが、どうせ契約しないし、な〜んか面 ...

    2018/10/18

    リスニング

  • リスニング大量在庫ショップ

    大阪に「リスニング喫茶」が登場エディンバラ公演を終えて、やっぱりわたし、語学好きだ。と思ったの。英語ができることで、今回、たくさんいる役者さんの中から選んでもら ...

    2018/10/16

    リスニング