英語が簡単に聞き取れるようになる周波数

リスニングパワー
Pocket

英語が苦手な人には、ネイティブが話す言葉がまるで機械の雑音のように聞こえることがあります。
理由は英語のリスニング力が低いからですが、なぜ、私たち日本人の多くは英語の聞き取りが苦手なのか?

原因は生まれ育った環境にあります。

「私、英語苦手なの。」と英語ができないのは自分のせいだと思っている人もいますが、あなたのせいではありません。
日本で育った人たちが、英語のリスニングができないのは、当然のことなのです。

人は、12歳になるまでの育った環境で、言語のスキルがほぼ決まります。
3歳くらいまでは全ての音を聞き取ることができますが、4歳から11歳までの間に育った環境で、言語への適応能力が決まってしまう、と言われています。
12歳を過ぎたら、もうおしまいです。
英語を聞いても日本語の似ている音に置き換えてしまうようになります。

「12歳を過ぎていたらどうしたら良いの?」と不安に思うかも知れませんが、12歳を過ぎた人にも有効な方法が1つあります。

ポイントは、周波数で、英語と日本語では、周波数が異なります。
日本語の周波数は英語に比べて低く、世界で一番低い周波数の部類に入りますが、英語の周波数はその逆で、世界で最も高く、日本語と英語では大きく異なります。

そのため、私たち日本人は、周波数の異なる英語を聞いても、正しく聞き取ることができないのですが、その周波数に慣れてしまえば、【英語が簡単に聞き取れるようになる】ということです。

「その周波数に慣れるためにはどうしたら良いのか?」
「周波数のことを知らないから何をしたら良いのか分からない。」
と思うかもしれませんが、日本人が英語を聞き取れるようになる周波数帯が特定されました。

このリスニング教材は、その周波数を効率良く学習し、聞き流すだけでも、2週間で英語耳にすることも可能にした画期的な英語学習プログラムです。

「キーーンッ!!」、「ツーッ!」

ネイティブの音声と一緒にこのような音も聞こえてきますが、ココにリスニングが早く上達する答えがあります。

日本の有名芸能人がハリウッド映画でその効果を証明したこの教材は、英語耳を身につけたい人にとって、チェックする価値のある教材です。

関連記事