リスニング福袋限定ショッピング

英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

Pocket

サクッとリスニング

普段、受験生を見ていて思うのですが、受験生のほとんどは苦手な教科を意識的に遠ざけている場合があります。 

たしかにお弁当の場合では、好きなものを残して最後に食べる人もいるかもしれませんが、受験生が勉強するときには大半は嫌いな教科をあまりやりたがりません。
好きなものからやって勉強を軌道にのせてからやってみるものの最終的にはやらなかったり、集中力が切れて適当にやってしまう人が多いです。 

絶対に逃げてはいけない教科が存在しています。それには英語、国語、数学があげられます。
もし苦手な状態で過ごしていたら受験期の最後まで足を引っ張る厄介なやつです。
これらの教科はなかなか伸びがでてこなくて受験に苦しめられるのです。
よく受験生となる前に英語と数学をやっておけと言われる理由のひとつでもあります。(英数がきちんとできる生徒はしっかりと難関大学に受かる傾向が高いです。) 
英語、国語、数学(以下、主要3科目)がどれほど大事なのか?国公立医学部受験を例に説明していきましょう。
国公立医学部のセンター試験の科目選択(理科は物理、化学選択、社会は日本史と仮定します)
国語(200)、英語・リスニング(200)、数学1A(100)、数学2B(100)、物理(100)、化学(100)、日本史(100) ()は満点 【わかりやすいように英語(200) リスニング(50)を英語・リスニング(200)とまとめています】センター試験の合計得点は900点であり、また英数国で600点を占めます。
国公立医学部試験では得点率で言うと9割はほしいところなので計算すると810/900必要になるので、落として良い点数は90点となります。 主要3科目が得意で仮にそれぞれの点数が160、190、190に抑えれば理科と社会で残り40点まで落としてもセンター試験の点数が9割に乗るのでかなり余裕が生まれます。
しかしこれらの主要3科目が微妙に苦手で、それよりも大幅に取れなかった場合には他の点数で埋め合わせをしなくてはいけないので、なかなか厳しいのが現状です。(特に2017年度のセンター試験の国語の点数の平均点は100点台と、例年より低く難化したことで多くの医学部志望者のセンター試験の点数がごっそり削られたのではないでしょうか?)
このように主要3科目は伸びにくい上にセンター試験などでも大変重要なものであり、苦手だとしても逃げられません。
ですのでこの主要3科目に対して、嫌な気持ちを払拭したいですね!
教科そのものに対してなんかイヤだなって思う気持ちが出る場合はその教科には苦手意識があるので注意が必要です。
苦手を払拭する方法はただ一つめっちゃ簡単な方法があります。
 毎日継続する
ただこれだけです。
苦手な教科にはあんま触ってないことが多いです。
なんとなくとらえたイメージ(苦手だな。。。)のまま、その教科の勉強をやらずに置き去りにしている感じが多くないですか?
だからこそ
嫌いだな苦手だなというものにちゃんと意識的に着手する。
これをやらない限りは苦手な教科の点数は変わってはいけきません。

苦手なものに付き合っていかなくてはならないのは、つらいかもしれないですが、そこは我慢です。
先ほど例にも出しましたが、センター試験の場合は、得意なものでとってカバーできることは少ない、そんなに甘くない試験です。(例年国立医学部志望者が容赦なくやられています)
苦手なやつが結局足をひっぱてしまう。
だからこそ苦手は作るべきではありません。得意にもっていかなくてもいいが、せめて苦手に感じる気持ちを払拭していかなければなりません。
苦手なものも毎日関われば必ずできるようになります。
もし国語が苦手だったとしても、毎日毎日設問をしっかりと考えていたら、必ずこうして解いていけば取れる!という実感が持てるようになります!
だからこそ、苦手な教科に対して積極的に関わっていきましょう。 
足を引っ張る存在のままにしておくか得点源になる存在にするか
ご自身の取り組む姿勢で決まると考えて下さい
得意をさらに得意にするより苦手をある程度得意にするほうが余程かラクですので、時間をかけて対策をする価値はあると思いますよ!
目次(初期の記事)
目次2(比較的最近の記事1)
目次3(比較的最近の記事2)
英語・国語の解法、マインド、勉強のコツなどを一覧できるようにしています
何が見落とした内容/もう一度読んでおくべき内容etc……きっとあるはずです!
販売教材の記事はコチラです
勉強に苦手意識はあるけど…何とか逆転合格を果たしたい人向けの教材を販売しています!過去問に直接アタックできる教材の数々です☆これで実力アップの効率化をはかりましょう!センター英国数・国公立二次数学をUP中、他教科も今後UPしていく予定です!

リスニングがたくさん!見るだけでも楽しいよ♪

英語コーチ相馬直子です。初めまして^^よかったらこちらご覧くださいプロフィールはこちら    このあいだの続き セラピストなら覚えておきたいコミュニケーション術    今日はじゃあ「セラピストに必要な英語の特徴」ってなんだ?いこうと思います。  やっぱり特徴的なのはカウンセリングだと思います。  なので、これを聞くとクライアントの話を聞くんだからリスニングやらなくちゃ   と思われると思いますが   実は違います。   なんだかわかりますか?   実は必要なのは「質問する力」   つまり、こちら側が話す力を養うことが大事なんですね。   なぜかというとカウンセリングの目的は   彼らが自由に話すことでスッキリしてもらうことではないですよね?   主訴を聞き   ここせいで痛くなっているんじゃないか?と考えられる原因を整理していくためですよね?   なので、クライアントに思いのまま話してもらって  そこから必要な情報を引っ張りだすのって  日本語でも思いの外難しいと思いませんか?   そんなことを英語で!と思われたかもしれませんが  これはそんなに難しくないんです。  私はセラピースクール時代にある作戦でこれを乗り切っていました。  おかげで本当によくコミュニケーションが取れてこれをやりだしてからクライアントに感謝されるようになりました。  私が何をしたか次回お伝えしますね!  http://sophie-remedialtherapy.com 

英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

コメントは受け付けていません。